セサミンやお酒の性質によって引き出される効果

セサミンやお酒の性質によって引き出される効果

お酒の健康効果については、飲む量が少なければ非常に素晴らしく、百薬の長としてふさわしい底力を持っています。少量を飲めば、滞っている気の流れを促進して、血行も良くなりますから、現代人の悩ましい精神状態が軽くなります。おつまみとしてゴマの料理を食べれば、セサミンを吸収して血液の健康が保たれることになります。

多くのお酒の性質は温熱性と呼べるものですが、種類によって大きく違います。あるいは、果実や薬草などを漬け込む場合でも、含まれる成分には大きな変化が生じて、性質が穏やかになることも重要です。夏場に蒸留酒などを飲めば、体が温まり過ぎることがありますが、冬には明らかに違います。冬の寒い時期に温性のお酒を少しだけ飲めば、体は芯から温まるため、極寒の地では重要な飲み物になっています。

セサミンが含まれるゴマは、良質なタンパク質の宝庫ですから、ゴマの料理を食べれば体のエネルギー源を確保できます。このエネルギー源を供給すれば、体にとっては筋肉を増強する効果が働いて、素晴らしい肉体を作れるようになります。肉食が禁じられていた僧侶にとっては、ゴマは貴重なタンパク源であり、生命を養う食品としても重要でした。

ゴマに含まれるセサミンは希少で、実際に食べる量から得られる分が少ないため、現在ではサプリの製品から摂取することが増えています。普段の生活では、セサミンのサプリを利用しながら、少量のお酒を嗜むようにすれば、ストレスと栄養不足の問題からも開放されます。

コメントは受け付けていません。